スマホが故障したときの話

スマホが故障したときの話です。スマホの電池(バッテリー)が減るのがとても早くて、故障かなと思ってケータイショップに漏っていきました。そのときはケータイからスマホに変えたばかりだったので、スマホってこんなに電池(バッテリー)が減るのが早いものなんだろうか?と思いもして、このまま使い続けようかなとも思いましたが、念のためケータイショップに持って行きました。

iPhoneの電池がおかしいので彦根の修理店に持っていった

ケータイショップでスマホを見てもらいました。すると、スマホのバッテリー(電池パック)が不良品だったそうで、バッテリーを交換してもらいました。電池パックの交換だけで、ずいぶんスマホの状態がよくなりました。電池の減りもずいぶん改善されました。スマホでも電池の減りが早すぎるのをうたがって、修理にもっていってよかったです。修理に持っていっていなかったらと思うとぞっとします。

壊れたiPhoneを彦根のお店で買取してもらった

ただ一点、めんどくさいなーと思ったのは、やはりケータイショップは混んでいるので、修理のために見てもらうまでにすごく時間がかかりました。